Lexues × SDGs

SDGsへの取り組み

Lexues × 持続可能な開発目標(SDGs)

ー 株式会社レキサスは、SDGsの実現に向けて取り組んでいます ー

レキサスは「沖縄から社会をより豊かにする人財や事業を創出し続ける」ことをミッションに掲げています。
このミッションを全うし、次世代に対してこの豊かな地球を引き継いでいくために、
レキサスは、SDGsが掲げる持続可能な開発目標の実現にどうやって貢献することができるのか?

この大きな問いに対して、レキサスでは、県内外の企業や団体と連携し、
パートナーシップで沖縄が抱える社会課題の解決に向けた取り組みを少しずつ始めています。

MOM FoR STAR (マム フォー スター)

沖縄のシングルマザーへ向けたWebデザイン就業プロジェクト

~どんなプロジェクトなのか?~
MOM FoR STAR (マム フォー スター) は「学ぶ」「働く」「つながる」の3つの活動からなる、シングルマザーのための就業・協働プロジェクトです。沖縄のレキサスと東京のフォーデジット、2社のデジタルデザイン企業が連携することで、シングルマザーの「学ぶ」「働く」環境を実現。支援団体しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄が参加者と「つながる」コミュニティを運営し、シングルマザーが未経験からスキルを習得し、Web業界で活躍できるまでをサポートします。

~何を目指しているのか?~
2021年4月からMOM FoR STARの活動がスタート。現在、1期生として5名がチャレンジしています。将来的には、ひとり親であることが社会的なハンディキャップではなくなり、シングルマザーであってもプロフェッショナルとしてやりがいと誇りをもって、自分らしい働き方や生き方をできる社会の実現を目指します。

~レキサスとしての意味合いは?~
レキサスでは、これまでも2008年に発足したRyukyufrogsの活動 (現在の運営主体は株式会社FROGS) を中心に、沖縄県内の学生たちに対して様々な人財育成プログラムを提供してきました。
MOM FoR STARでは、今まで仕事と育児を両立しながらだと新しいことにチャレンジすることが難しかったシングルマザーたちに対する新たな人財育成プログラムとして、一人ひとりの挑戦と成長を応援していきます!
また、SDGsが掲げる「誰一人取り残さない世界」を実現させる観点からも、首都圏の企業と地方の企業が連携して社会課題の解決に取り組むことにより、日本全体の豊かさを育むことにも貢献できると考えています。

OKINAWA SDGs プロジェクト (OSP)

沖縄の社会課題の解決につながるプロジェクトを
実際に生み出すためのコミュニティ&プラットフォームへの参画

OKINAWA SDGs プロジェクト (OSP) は、SDGsと沖縄21世紀ビジョンを軸に、2030年に向けて、企業の枠、セクターの枠を超え、人とひととが繋がり、学び合い、沖縄の社会課題の解決につながるプロジェクトを実際に生み出すためのコミュニティ&プラットフォームを目指して、2020年に発足しました。 (企画運営:琉球新報社/うむさんラボ)
レキサスも、2020年からOSPのパートナー企業の1社として参画しています。

Webやアプリのご相談やお見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ レキサスオリジナルキャラクター: ホミック