NEWS

ニュース

2017.3.14 News

赤ちゃんと手話やジェスチャーを使って会話をするベビーサイン教室を4月27日(木)より提供開始

 株式会社レキサスは、乳児期(0〜2歳)の子どもとその保護者を対象としたベビーサイン教室を2017年4月27日(木)に開講いたします。

1.背景と目的

 昨今、脳科学や児童心理発達などの研究により、乳幼児期が人格の基礎をつくる特別な時期であり、その時期の体験の重要さが理解されてきています。この時期の過ごし方が、その人間の将来を大きく左右すると言われています。


 一方、私たちが生きる社会はいま、晩婚・晩産化、少子化、核家族化、都市化、情報化、国際化など急激な変化を受け、人々の価値観や生活様式が多様化し、子どもを育てる環境もまたその影響を大きく受けています。孤独な育児、虐待、いじめや暴力、メンタルヘルスなど、深刻な問題が後を絶ちません。


 ベビーサインは、うまくお話ができる前の赤ちゃんと手話やジェスチャーを使って会話をする育児法です。1990年代半ばにアメリカで生まれ、その後、英語圏、スペイン語圏、中国語圏で広く受け入れられてきました。日本では2000年以降加速度的に広がりを見せ、「赤ちゃんと親のフラストレーションを減らす」「赤ちゃんの健康と安全に役に立つ」「親子の絆がより深まる」「赤ちゃんのコミュニケーション能力を育てる」といったメリットをたくさんの親子や家族が享受してきています。

 株式会社レキサスは、乳児期の子どもとその保護者とのコミュニケーションを豊かにするベビーサインを通じ、生まれてまもなくからの子どもを健やかに育てていくという、子育て支援の仕組みを構築をしていく所存です。

 沖縄の平和な未来は、沖縄の子どもたちが創ります。乳児期の子どもをもつ保護者の方は、ぜひご参加ください。

 Ryukyufrogsなどこれまでの一連の取り組みとともに、県内の子どもたちの育成環境づくりを支援してまいります。

2.今回スタートする「ベビーサイン教室 KAI」の詳細

 日本ベビーサイン協会の認定講師資格を取得したレキサスの社員が講師として教室を開き、ベビーサインの驚きと感動についてはもちろん、長年人材教育に携わってきたからこその視点で、子どもの将来に役に立つ話、夫婦や家族のコミュニケーションについてもお伝えしていきます。

■ベビーサイン教室:日程や費用など

1)参加対象
クラス開始時、6ヵ月(おすわりができる)頃〜1歳半頃までのベビー&ママ

2)コース(いずれも事前予約制)

【隔週木曜日コース in 北中城村 10:30〜11:30】
– 月日:4/27、5/11、5/25、6/8、6/22、7/6(全6回)
    希望者は7/27、8/24、9/21の3回を追加可能
– 場所:北中城村島袋1429CH-1「sunny side house söpö」

【隔週金曜日コース in 浦添市 13:00〜14:00】
– 月日:4/28、5/12、5/26、6/9、6/23、7/7(全6回)
    希望者は7/28、8/25、9/22の3回を追加可能
– 場所:沖縄県浦添市当山2丁目28-6 まつけん当山ビル
    「コミュニティ広場 Anne」

3)費用・教材など
費用:全6回 税別15,000円(1回2,500円×6回)
教材:協会指定教材 税別4,600円
※追加3回をご希望の場合:税別7,500円(1回2,500円×3回)

■プレ・ベビーサイン教室:日程や費用など

1)参加対象:
クラス開始時、生後まもなく〜6ヶ月(おすわりをする前)頃までのベビー&ママ

2)コース(いずれも事前予約制)

【月1回木曜日コース in 北中城村 10:30〜11:30】
– 月日:
(1) 6/15、7/13(全2回)
(2) 8/17、9/14(全2回)※(1)(2)のいずれか
– 場所:北中城村島袋1429CH-1「sunny side house söpö」

【月1回金曜日コース in 浦添市 13:00〜14:00】
– 月日:
(1) 6/16、7/14(全2回)
(2) 8/18、9/15(全2回)※(1)(2)のいずれか
– 場所:沖縄県浦添市当山2丁目28-6 まつけん当山ビル
    「コミュニティ広場 Anne」

3)費用・教材など
費用:全2回 税別5,000円(1回2,500円×2回)
教材:協会指定教材 税別2,000円

4)お問い合わせ・お申し込み
こちらのページからご連絡ください。

5)関連サイト
一般社団法人 日本ベビーサイン協会:https://www.babysigns.jp/

3.本件に関するお問い合わせ先

株式会社レキサス 安田
電話:098-921-1003 
E-Mail:info@edu.lexues.co.jp
「ベビーサイン教室 KAI」講師ブログ:http://ameblo.jp/babysignsokinawa/

【参考資料】

ベビーサインの名付け親、リンダ・アクレドロ博士とスーザン・グッドウィン博士の言葉

 確かに私たちは、人生の最初の2年間にベビーサインを使うと、言語の習得や知性の発達に長期にわたってよい影響があることを発見しました。でもそんなメリットも、何十万人もの親が体験した、長期にわたる情緒的なメリットに比べると色褪せます。

 ベビーサインを小さなころから使った赤ちゃんは、自分の考えや気持ちが大切であることを早期に学び、さらにそれを周囲の人が理解してくれることを体験します。その結果、他人に対しても、そして自分に対しても、肯定的な姿勢が生まれます。学ぶことが楽しいこと、世界がすごく魅力的なところであること、そして自分が発見したことを大好きな人に伝えることがとても楽しいことを実感するのです。

 このような情緒的なメリットを研究室で調べるのは簡単なことではありません。でもあなたの赤ちゃんがベビーサインを使いこなし、やがて話し言葉の世界へ入っていき、さらにさまざまな体験を経て個性的な子どもに育つのを見ていくなかで、あなたもきっとそう思うに違いありません。多様な体験から学んでいく過程で、小さなころにしっかりと与えられた愛情と理解が子どもを内側から支えてくれるのです。言葉を変えれば、「ベビーサイン」は生涯にわたって続く愛の贈り物であると言うことができます。
「ベビーサイン」(2010年版)より
日本語訳:吉中みちる・まさくに

※ベビーサインは、一般社団法人 日本ベビーサイン協会の登録商標です。

みなさまからのご連絡をお待ちしております。

CONTACT US