NEWS

ニュース

2014.11.7 News

「脳に本音を語らせる」 〜脳波測定とアイトラッキングを活用するWeb・コンテンツマーケティング支援サービス「Lexues Neuro」を提供開始〜

株式会社レキサス(本社:沖縄県うるま市、代表取締役社長:比屋根 隆、以下レキサス)はこのたび、 脳波測定とアイトラッキング技術を活用してWebサイトやコンテンツのユーザビリティテストを実施し、多角的な視点でレポートを提供する新サービス「Lexues Neuro(レキサスニューロ)」を開始いたしました。

1.サービス概要

Lexues Neuroは、PCに内蔵されているカメラと米国NeuroSky社の脳波測定器「MindWave Mobile」を利用し、Webサイトや映像などPCのディスプレイに映し出される各種コンテンツに対するユーザーの反応を測定、アンケートやインタビューといったこれまでのリサーチ手法では捉えきれなかった、言葉や行動からは見えてこない「ユーザーの無意識の反応」までをも捉え、総合的に分析、レポートするサービスです。



ユーザビリティテスト中の脳波(対象コンテンツへの注目度、およびリラックス度)と
アイトラッキング(PC画面のどこを見ていたかを追跡)を取得し
ユーザーの反応をレポートします。

2.活用シーン

Lexues Neuroは、以下のようなシーンで有効にご活用頂けます。

・Webサイトに対するユーザーの反応を無意識レベルも含めて把握したいとき
・広告や授業など、PCを使ったコンテンツに対するユーザーの反応を無意識レベルも含めて把握したいとき
・アプリやゲームにおけるユーザーの反応を無意識レベルも含めて把握したいとき

3.特徴

・測定結果は、脳波の知識がなくても容易に理解可能な定型レポートでご案内します。
・定型レポートによる測定結果に基づき、当社のUX/UIデザイナーがコンテンツ改善案を具体的にアドバイスさせて頂くことも可能です。
・ユーザビリティテストはお客様ご指定の場所で実施、または弊社で実施のどちらも選択可能です。
・従来の脳波測定機器やアイトラッキング機器のような高価な機材を必要としないため、導入費用もテスト込みで30万円程度から実施可能です。

4.サービスメニュー

■脳波測定

動画コンテンツ評価の場合、どういった脳波のときにどのシーンを見ていたかを確認することができます。例えば、YouTubeの広告コンテンツが最後までユーザが注目できているか(途中から飽きていないか)などを検証することができます。動画コンテンツでなくても、評価対象(講演や授業など)を動画で撮影することでこの仕組みを活用することが可能です。

■アイトラッキング(ヒートマップ)

Webサイト評価の場合、アイトラッキングにて対象となるコンテンツのどの辺りを見ていたかをヒートマップ(視線の滞留度合いを可視化したもの)で確認することができます。

■レポート(ランキング)

Webサイトの場合、脳波とアイトラッキングの測定結果は以下の内容を当社独自の技術で自動レポートします。

・注目度が高いと思われる上位10ページ
・注目度が低いと思われる上位10ページ
・戸惑いやすいと思われる上位10ページ
・デザインの優位性が高いと思われる上位10ページ
・デザインの優位性が低いと思われる上位10ページ
・ページ毎視点遷移
・ページ毎ヒートマップ 等

5.関連ページ

・「Lexues Neuro」Webサイト:http://neuro.lexues.co.jp
・「Lexues Neuro」ご案内動画:http://youtu.be/PJWuNzG_aiA

6.株式会社レキサスについて

株式会社レキサスは、UX/UI設計、Webデザイン、Webアプリケーション開発、iOS/Android向けアプリケーションの企画開発、クラウドサービスの提供を強みとするとともに、県内リーディング企業に対するAR技術の活用提案で多くの実績を擁しております。さらに、起業家マインドを持つリーダーを沖縄県内で発掘/育成する「Ryukyufrogs(琉球フロッグス)」の発起人かつスポンサーとしても2008年より活動を続けております。

本社所在地:〒904-2234 沖縄県うるま市字州崎14番17 沖縄IT津梁パーク内
設立:1998 年 10月28日
資本金:3,000万円
役員:代表取締役社長 比屋根 隆
従業員数:60名(2014年4月現在)
事業拠点:沖縄、米国シリコンバレー

7.お問い合わせ先

株式会社レキサス 担当 大西、常盤木(ときわぎ)、安田
Email:contact@lexues.co.jp 電話:098-921-3800

みなさまからのご連絡をお待ちしております。

CONTACT US