コトバンバン

コトバンバン

コトバンバン

もじカードにタブレットかざすと絵が出る音が出る。
エデュテイメント体験型 言葉学習用AR知育アプリ「コトバンバン」。

教育分野におけるICT活用が盛んになった現在でも、言葉学習の初期段階では現在でも文字カードは活用されています。
文字カードを使った言葉学習において、正解・不正解のフィードバックは教える側(先生)の裁量にゆだねられており、
イメージ・音声でのフィードバックは少ないのが現状です。
一方、イメージ・音声のフィードバックが得意なスマートフォン・タブレット上のアプリという選択肢もありますが、
やはりアナログで言葉を覚える・覚えたいというニーズは根強くあります。

「コトバンバン」は、このようなニーズに応えられる
アナログ(文字カード)とデジタル(アプリ)を組み合わせた
エデュテイメント型の言葉学習用知育アプリです。

独自のARエンジンを開発し、文字カードを「は」「れ」と並べた結果、
タブレットをかざすと「晴れ」のイメージと音声が再生されます。
並べる文字を間違えた場合も、「×」ではなく
「逆になっている」や「1文字足りないかな」などの自尊心を傷つけないフィードバックが充実しています。

今回、ゲーム開発者とUX/UIデザイナーを中心とした開発チームで構成し、
3Dキャラの登場や高速な正誤判定などを実現し、
お子様が飽きることなく楽しみながら学習できるエデュテイメント体験を提供いたします。

PROJECT MEMBERS

無限に広がる可能性

お子様の「学びたい」欲求を、「楽しく」サポートできます。
コトバンバンは現実世界で並べた文字カードをタブレットで覗くと、言葉が出てきて学習出来るシンプルなアプリです。
現実の文字カードを覗くことで親御さんや先生方によるサポートも可能とし、それによって可能性を無限に広げることができるようになっています。
さらに画面には見た目も声もかわいい「ホミック」が現れ、ヒントを教えてくれたり、お子様を励ましたり、現実と組み合わせて多種多様なコミュニケーションを提供します。

まずは無料で、ぜひお試し下さい。

ソフトウェアエンジニア
鈴木 康元

言葉は魔法の呪文

言葉は私たちの周りにある世界を包むパワフルな創造物です。
私たちが見るもの全ては文字として認識されるにも関わらず、私たちが「りんご」ということばを読むとき、あるものが瞬時に私たちの頭に思い浮かびます。
この意味で、言葉は魔法の呪文になります。
言葉はそれが表す概念のイメージを呼び起こします。
コトバンバンはこの魔法を私たちの頭の外側で起こし、言葉のパワーを画面上に新しい方法で表します。
この新しいスタイルで言葉と遊ぶことはとても楽しい体験となるでしょう!

ソフトウェアエンジニア
jakub kolodziejczyk

「ドレミの歌」のような存在に

コトバンバンは、実際に手にすることができる文字のカードを組み合わせて、タブレット端末で読み込み、サウンドと3Dの視覚効果ですぐに学習のフィードバックが得られるという、アナログとデジタルのいいとこ取りなアプリです。
学習アプリではあるのですが、何よりもこどもたちが遊んでいてワクワクするようなUIデザインを心がけました。
音楽を学ぶには「ドレミ」から。言葉を学ぶには「あいうえお」から。
組み合わせ次第で言葉の世界はどんどん広がっていくんだよ、という可能性をこどもたちに感じてもらえると嬉しいです。

UIデザイナー
仲松 佐和子

みなさまからのご連絡をお待ちしております。

CONTACT US